逆寅次郎のルサンチマンの呼吸

独身弱者男性が全集中して編み出した、人間の無意識にあるもの全てを顕在化する技を伝授します。

ネトウヨ達の怒りの矛先がColabo代表の仁藤夢乃氏に向かう理由は女性に対するドス黒い恨みの感情が転移しているから

MNP転売というのをご存知だろうか?
スマホのモバイルナンバーポータビリティで機種変更をすると、スマートフォンを安く買える。
安く買ったスマホを、買取屋とかに流す。

特に東京の秋葉原や池袋にある買取屋が高い。
中国人が経営している買取業者の買い取り額が高いので、「中華買取」「中華買取 秋葉原」等で検索すると、業者が見つかる。

OCNモバイルONEでスマホのセールがあった。

onlineshop.ocn.ne.jpなぜ2800円の「Redmi Note11」が売り切れているのか?
もちろん、純粋にこの機種が欲しいという人が多かったというもある。

ただ、ある中華系の業者の、2022年9月18日、この機種の買取額を調べると16000円だった。
その差額、なんと1万円以上。

MNP転売を行う輩は、こんな風に利ザヤの大きいスマホを探し、狙い撃ちをし、契約や退会を繰り返して利ザヤを得る。
月額利用料、解約手数料などを差し引いても、利益が出るんだろうな。

このような輩を市場から排除することは可能だろうか。
SIM登録料などの初期費を高くしたり、住所をブラックリストに登録したりしているとかも聞いたことがあるけど、各業者の対策は定かではない。
買い取り額が高いスマホが出続ける限り、この転売は無くならない。

だがこんなのは、ビジネスとしては小規模だ。
もっと儲けられる転売ビジネスがある。

それは「人間の転売」だ。
人身売買という犯罪ではないし、そんな大げさな犯罪行為ではないが、この記事を読むと、まさに人間が転売されているような印象を受けた。

note.com空「やってる事自体は全く問題ない、素晴らしい活動だと思うよ。でも費用がすごく変なんだ。こちらが活動報告書の経費。さっきの仁藤夢乃さんの本も教養費で経費だね」
な「自分の本を自分で買って配って経費につけるって大学で教授が自分の本教科書で買わせるやつですか?」

空「それより給食費、396万円。さっき給食は1535食提供ってあったよね。396万割る1535食は2580円。このロールキャベツ定食や弁当、インスタントラーメンは一食2600円かかってるんだ」

この一食の算出は、Colaboの会計報告も参考にしたっぽい。

https://colabo-official.net/wp-content/uploads/2022/07/colabo2021.pdf

一瞬、闇金ウシジマくんの18~20巻に出てくる「闇金くん」を思い出した。

ameblo.jpが、ウシジマくんに出てくる鰐戸三兄弟がやってるビジネスとはさすがに違う。

ただ、慈善団体という大義名分を掲げ、生活保護申請の手助けをするビジネスはある。
その見返りに、住居を用意し、諸々の手数料をいただく。
しかし生活保護を申請するには、まず対象である困窮した人間を集めなければならない。

MNP転売における、いわゆるSIMだな。
電話番号が紐づいたSIMによって、スマートフォンという現金と等価値のものを引っ張るように。

生活保護ビジネスにおいても、対象の人間がいれば「生活保護支給」という現金を引っ張れることができる。
そのお金を目当てに暗躍するのが、いわゆる「囲い屋」という者たちだ。

囲い屋とは?
生活保護費を奪い取る悪徳業者のこと。生活困窮者に対して救済するなどと称して、住居を斡旋。斡旋した住居を元に生活保護を申請させて、家賃や弁当代の名目で、生活保護費の一部または全てを搾取するという悪質な行為で利益を得ている。囲い屋が跋扈する理由として、行政のセーフティネットの脆弱さが挙げられる。ホームレスの受入れ態勢が充分でなく、民間が運営する「宿泊所」を受け皿としなければならない都道府県を狙って、こうした業者は施設を設置しているのだ。

(引用元:まんが恐怖のお仕事体験DX / アンソロジー - 実話BUNKAタブー ゼロゼロ物件に潜む恐怖 追い出し屋)

もちろん、Colaboが囲い屋だと言っているわけではない。
一瞬、個人的に「そうかも…」と思ったりはしたが。

仮にそのような囲い屋的なビジネスモデルで利益を上げても、それを罰する法律はなさそうではあるし。

利益を上げてはいけない、という規制もないようだ。

www.koueki-houjin.net一般社団法人やNPO法人は、「非営利」という部分がクローズアップされているせいなのか、収益事業を行ってはならない、利益を上げてはいけない、と思っている方は非常に多いです。

ですが、そうではありません。この考え方は根本的に間違っています。

法律上も、収益事業を行ってはならない、利益を上げてはならないとは、一言も書かれていません。

ただ私的に横領、「事業から得た利益を、一般社団法人やNPO法人の社員に分配をしてはいけない」というルールはある。

Colaboが公表している情報、提供している食事の情報や中身と。
計上されている経費があまりにも高額で、乖離しているということは。
そこに「利ザヤ」が発生している可能性がある。

その「利ザヤ」は、団体の口座にプールされているのだろうか。
その利ザヤが、活動報告書にあるように、難民高校生や家出少女、虐待被害を受けた子ども達に還元されているなら、素晴らしい社会活動だ。

だが代表や、社団法人の個人に還元されている場合、税金を私的に利用しているという点で、問題だな。
また「個人に還元」というのが、非常に難しい。
例えば「個人口座に入金した」というのは判りやすい横領ではあるが。

冒頭に述べたように、スマホなどを活用すると、銀行口座などを用いなくても現金の流れを生み出すことは出来る。
別にColaboが黒だというわけではないが、あくまで私的な想像の話だ。

例えば一般社団法人として、スマホを大量に買う。
それは「少女たちに社会との接点、相談窓口として通信手段を与えるため」等の名目で、貸与することは問題ないだろうな。
しかし無償貸与ではない。レンタル料を取るとかね。

暇空茜氏によると、少女たちは保険・税(25000円)というのを請求されている?

note.comな「細かいこというと通信費2万円とかも、どんな高いスマホ使ってんだよって話じゃないですかこれ。iPhoneの最新機種かな。健康で文化的な最低限度の生活ってやつでしょうか。」

いや待てよ、Excelの表になる前の画像のどこにも「Colabo徴収」なんて書いてない。
それに気付いている方は中立的なコメントをしている。

Colaboと仁藤夢乃さんの生活保護ビジネスについて調べてみました(ver1.4 9/13更新)|暇な空白/Kiyoteru Mizuhara|note

保険+税は国保と県民税とかでは。この情報のみだとおそらくColaboがこの子達を雇用していて保険+税などはClaboが徴収しているという感じに見える。光熱費はシェアを考えるとちょっと高い気もするけど

2022/09/10 09:51

b.hatena.ne.jp行政と、Colaboの間のお金の流れについて。
ここは恐らく、不正を行い私的にお金を着服しようとすると法的に罰せられるし、最低限の何らかのチェックは機能している?と思われるが。

Colaboと少女達の間のお金の流れ、それはきちんと計上されているか?という疑問が湧いた。
そして暇空茜氏の記事を読んで、Excelの表で「1人65000円徴収しているのか?」と思って、ついこんな呟きをしてしまったけどな。

そこそこいいねとリツイートがされた。

でもよくよく考えると、これについての仁藤夢乃氏の反論がないことには、決めつけられないな。
「家賃3万徴収は事実か」「税・保険25000円とは何か」「光熱費1人10000円は高いのではないか」について。

まあ色々と面倒を見てあげてるんだから、少女達から多少、お金を徴収するのは悪い事ではないかもしれない。両者合意であれば。
ただ、かなり支援者も多いようで、お金はプールされているようだ。

そのプールされたお金で、別の支援事業を行うとしよう。
その支援事業を、例えば支援業者と結託して、水増し請求してもらう。
いわゆるキックバックだな。

「本当に396万円もかかってるのか?」という疑惑がある。

note.com空「それより給食費、396万円。さっき給食は1535食提供ってあったよね。396万割る1535食は2580円。このロールキャベツ定食や弁当、インスタントラーメンは一食2600円かかってるんだ」

この情報を敢えて鵜吞みにすると、1食当たりの経費が高すぎる。
キックバックをしている可能性はないだろうか?

高い請求書を作って、口座間のやり取りは明朗会計、でも発注した業者の担当とこっそり、手渡しで現金のやり取りをするんだよ。

「30万で発注してもらいましたけど、食材費とか10万ぐらいしかかかってないですよー。なので20万も利益上がりました、お礼に半額の10万どうぞ」って感じかな?
しかしそれをやる場合、担当は30万の請求書を書き換えて、もし両者で10万ずつキックバックするのであれば、食糧支援業者の会社には10万で計上しないとならない。

発注主である一般社団法人の請求書と、支援事業者の会社で上がっている請求書・売上に、相違が生じる。
支援事業者担当と発注主の担当が結託して、現金を中抜きしているんだから。
つまり2つの組織間で、金額が違う請求書や領収書が出てくることになると思われる。

まあそんな犯罪行為、やったことないから、キックバックの認識として正しいのか?という疑問もあるけど。

というようにここまで、「タコ部屋」というパワーワードに目が留まり、自分もColaboや仁藤夢乃氏にネガティブな印象を抱いたけれど。


ちょっと待てよ。情報が何か偏ってるような気もする。
というわけで、他の話も調べたところ。

hokke-ookami.hatenablog.comつまりバスカフェで無料提供している食品は「1535食」とは別事業であり、給食費へ別途に計上されているだろうことが元資料からもわかる。

分母と分子が適切に対応していないことは、「根拠」の1週間後に仁藤氏自身が連続ツイートで説明している。信用するかはともかく当事者の説明なのに、推測にすぎない暇な空白氏と比べて拡散されていない*4。

確かに、この記事を書いたid:hokke-ookami 氏の指摘はごもっともだし。

仁藤夢乃氏が言うように、「Colaboでは物品や食事の提供数はシェルターで一緒にお昼を食べた時など、わかりやすくカウントできるものだけしかしていません。しかし、例えばバスカフェや郵送などでは毎月少なくとも100人に30食以上は提供しているので、それをカウントするだけでも3.6万食となり、実際にはもっと多いです。」という説明もあるから、会計報告書と実体が乖離するのも仕方ないような気もする。
100人に30食で3.6万?ってのはよくわからない計算だが。

b.hatena.ne.jp自分も何で、よく調べずに「Colaboの会計はおかしいのではないか?」という追求に乗っかってしまったのか…自分が恥ずかしい。

なぜ乗っかったのか、自己分析してみた。そして理解した。

仁藤夢乃氏に対する嫌悪感、なぜ彼女がここまで糾弾されるのか。
それは彼女がフェミニストであり、男性を敵視している点にある。
そして特に敵視しているのは「キモおじ」という、女性の体や時間をお金で買うような輩、いわゆるモテない男達だ。
その話は前にもしたな。

gyakutorajiro.comそしてモテない男というのは、まあ俺もだが、人に愛されないがゆえに、言論活動で自尊心を満たそうとしているんだよな。
それはヴァーチャル階級闘争でもある。

gyakutorajiro.comネトウヨには、既婚のサラリーマンもいるという話もあるが。

www.j-cast.com中年童貞という漫画では、やはり女性に愛されず自尊心を満たせない男がネトウヨだと語られている。

(引用元:漫画ルポ 中年童貞 [ 桜壱バーゲン ]p86-87)

まあ俺もこっちが多いと思うよ。
普通、仕事があって、家族がいて、子どももいる人間が、いちいち政治だの社会問題を語ってる暇ないだろうしな。

つまりやたら、Colabo代表の仁藤夢乃氏を責め立てる暇空茜氏の記事が共感され、拡散されているのは。

そこに男達の、キモおじ達の、恨みがあるからだ。

その恨みを晴らすためのルサンチマン(奴隷道徳)を、暇空茜氏は提供した。
それを俺含め、キモおじ達は自分の自尊心を保つための都合のいい情報として、内面化し、共感し、拡散した。

自分には仁藤夢乃氏を責め立てるほどの力はない。
だが暇空茜氏の力に便乗し、同調し、一緒になって糾弾する。
ヴァーチャル・マウンティングといってもいいだろう。
顔も知らないネットの誰かの意見に共感し、それに同一化し、まるで自分が仁藤夢乃氏を責め立てて勝てるような爽快感を味わおうとする。
それはキモおじ達による、自分を見放してきた女性達、仁藤夢乃氏やその周囲の若い女性達に対する、ある種のジハード(聖戦)かもしれないね。


「キモい」って言われても仕方ないかもしれないな、他人のふんどしで相撲取ってマウント取ろうとしてるんだから(笑)
仁藤夢乃氏によって「キモおじ」と、自尊心を傷つけられた男達。
キモいのは当てはまる部分が多々あるものの、それを自覚するとさらに自尊心が傷ついてしまう。
それゆえ、無意識下の水準で、仁藤夢乃氏に対する嫌悪感、敵対視する感情は醸成されていた。俺もだ。

そこに暇空茜氏の記事が来た。
キモおじ達は仁藤夢乃氏に対する敵愾心をうっすら抱いていた。
だから「確証バイアス」によって、暇空茜氏の指摘を全面的に支持してしまう。

www.heartfullife.jp確証バイアスは、自分にとって都合のいい情報ばかりを無意識的に集め、反証する情報を無視したり集めようとしなかったりする傾向があります。
最初に思い込みがあると、その後、多様な情報があっても、最初の考えを支持するような情報ばかりが目に付いてしまうのが確証バイアスです。

しかし情報を精査すると、Colaboも仁藤夢乃氏も、現状ではクロとは言い切れないだろうし。


こんなブログ書いてる俺とか、SNSでワーキャー騒いで何もしてない評論家と比べれば、歌舞伎町とかリアルな現場で困ってる女性に声掛けしてる仁藤夢乃氏の方がよっぽど立派だよ、ほんとに。


確かに税金は投入されているだろうけど、別に仁藤夢乃氏だけじゃなくても、カルト宗教と結びついて票集めして当選して、高い所得だけ貰って大して社会貢献してねえ国会議員だって大量にいるだろうからな。

gyakutorajiro.com税金が無駄遣いされている可能性や疑惑が出てくるのは、別にColabo等の一般社団法人だけじゃない。

何やってるのかよくわからない団体に天下りして、有能な若者が安い給料でこき使われて、社会に貢献する能力も意志も特にない老害に、高い給与や退職金が支払われる。

「各府省等からの再就職者が5代以上続いている独立行政法人・特殊
法人等・公益法人」の概要

https://www.soumu.go.jp/main_content/000046316.pdf

老人にばかり金が流れる。日本を弱体化する悪しき慣習だ。大した仕事も社会貢献もしてないくせに、俺たちから搾り上げた税金の中から工面した退職金を生涯で2回も3回も貰う。

だが文句を言っても仕方ない。
税金の無駄遣いは許し難いが、かたや自分はどうなんだって話だ。

自分もそんな高所得の老害になりたいならまず、東大に行って官僚になってみろって話だわな。
NPOや一般社団法人を立ち上げて、税金を引っ張ってみろってんだ。

誰かターゲット見つけて、叩いて、「いいね!」集めて、一時的に承認欲望や爽快感を満たしても。
すぐに空虚な時間が訪れる。
次から次へと皆の興味は日々、変わっていく。

舌戦を誰かに仕掛けてマウンティングしたり、持論を語って「いいね!」で共感されることによって、リアルで満たされない欲望を、そんな代償行為で満たす活動を続けて、その果てに何があるよ?

何で安倍晋三自民党を深く考えることもなく応援している?
彼の考えを、自民党の思想を本当に理解しているのであれば、自分が矛盾している存在であることに気付き、自己嫌悪に陥るはずだけどな。

news.tv-asahi.co.jp自民党 ジェンダーフリー教育実態調査PT 安倍晋三 座長)
「いわゆる行き過ぎたジェンダーフリーの人たちがやっていること、性差そのものをなくしていく。これは明らかに間違いである。」

ネトウヨ達が信奉する安倍晋三や、自民党は、ジェンダーダイバーシティに不寛容だ。もちろん中には、それを推進する議員もいるかもしれいないが。

古き良き結婚観、男女役割を尊重する。いや、古いかどうかではなく、異性愛だ。
異性愛は「子作り」という資本主義社会の発展のための労働力の再生産に貢献するがゆえに、この社会の支配的イデオロギーとして存在し続けるのは事実だ。
好感度を上げたり、マイノリティーの自己愛を満たしてやるために多様性というルサンチマン(奴隷道徳)を謳ったり、何らかのエンタメや生産物に形を変えて供給する人間もいるが、そっちの価値観が支配的になるのは難しい。

つまり、ネットで鬱々とネトウヨ活動、言論活動している独身の人間よ、気付いたか。
お前たちは自民党に見放されている。
この「資本主義の発展と再生産のために結婚して子どもを作れ」というジェンダーロールを果たしていない、異性愛主義社会のルーザーとして、自民党はお前を認めてくれないんだよ。
だから、誰もお前たちを優遇したりしない。
形を変えて独身税のようなものを取られ続け、孤独の中で風呂場で汁になり、見ず知らずの人間に発見される。

それなのに、SNSでワーキャー、ステークホルダーでもない政党を応援して、持論を垂れ流して、何が楽しいんだよ?教えてほしいよ。

昨日拡散された話題だって、昨日自分のつぶやきが拡散されたからといって、1年2年経った後に誰が覚えてるよ?

まあ論客としてnoteに課金記事を上げるブロガー、webライターぐらいにはなれるかもか。
でも虚しいね。
こんな生き方でいいのかって、何かとんでもない勘違いをしているのではないだろうかって、ならないのかな。

(引用元:「最強伝説黒沢」1巻 - 福本伸行